FC2ブログ
FX初心者の為のブログです。毎日使える実践的な情報を記事にしています。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

* 新着ニュース *


■新着ニュース
 ・07-07  ※07/07(木)のドル円予想
 ・07-07  ※為替相場 本日の注目点(07/07)
 ・07-07  ※為替相場 本日のポイント(07/07)
 ・07-07  ※テクニカル 5日平均との乖離率が高い順ランキング(07/07)
 ・07-07  ※ドル円予想レンジ=80.70円~81.50円(07/07)
 ・07-07  ※ドル円 本日の見通し(07/07)
 ・07-07  ※今日の経済指標 (07/07)
 ・06-30  ※為替相場 本日の注目点(06/30)
 ・06-30  ※6/30(木)のドル円予想
 ・06-30  ※ドル円予想レンジ=80.40円~81.20円
 ・06-30  ※為替相場 本日のポイント(06/30)
 ・06-30  ※テクニカル 5日平均との乖離率が高い順ランキング(06/30)
 ・06-30  ※ドル円 本日の見通し(06/30)
 ・06-30  ※今日の経済指標 (06/30)
 ・06-28  ※ドル円 81.20円ラ インを攻略することが出来るかどうかが目先のポイント!
 ・06-28  ※本日のドル円 予想(06/28)

 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日一回の応援、宜しくお願いしま~~~す。本当にありがとうございます。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ





今回は私が毎日熟読している無料メルマガから有益な情報をお届けします。
それは【外為オンライン】今日のアナリストレポートです。


デイトレも外為オンラインで


外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込


内容といい、情報量といい、素晴らしい無料メルマガですね。
早速、【外為オンライン】今日のアナリストレポートより重要と思われる部分を抜粋させていただきます。


本日の注目イベント


豪   豪5月雇用統計
日   1-3月期GDP(2次速報)
欧   ECB理事会
英   BOE政策金利発表
英   英4月貿易収支
米   週間失業保険申請件数
米   4月貿易収支
米   プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
米   イエレン・FRB副議長講演




「景気は大半の地域で着実なペースで拡大したものの、12地区のうち4地区で減速した」
注目されたベージュブック(地区連銀経済報告)では前回の報告に比べると景気後退を表す内容となりました。


昨日のバーナンキ・FRB議長の発言ともある意味合致する内容に「米景気の減速」はほも間違いないとの
認識が深まったと言えます。


ここ2日間は80円を「2銭だけ割り込む」円高への前触れはあったものの、基本的んは80円前半でのもみ合いでした。
しかhし、昨日のバーナンキ議長の発言内容が伝えられると80円割れが本格的となり、欧州市場では79円70銭まで
円高ドル安の展開となりました。


スピード感は感じられず、円がじわじわ買われる流れが続き、80円ざいに戻す場面もありましたが、すぐに押し戻され、
NY市場では終始79円台での取引に終わっています。


昨日はクロス円の利益各手の売りも出たようで、ドル円での「ドル売り円買い」を加速させた格好になっていますが、
結局、「円の独歩高」という結果に「根強い円買い圧力」を感じざるを得ませんでした。


昨日もこの欄で書いたように「80円割れが定着する」可能性もでてきているようです。
同時に米長期金利も「3%割れが定着」するようだと、懸念されるように80円以上はドルの上値が重くなり「売り場」といった
相場観がまん延し、新しい取引レンジに入ってくることも考えられます。


野田財務大臣は昨日、為替相場が円高法句に振れたことに関して「米経済への見方が市場に影響を与えている」との認識を示し、「円高ではなくドル安」であることを暗に示唆する言い回しをしています。


新聞によれば日銀は昨日、通常市場介入を実施する前に見られる「レートチェック」を行ったと伝えていますが、
現状の円買いスピードと、ドル以外の通貨に対する円レートの水準を考えると、今の水準での市場介入の可能性は低いと思われます。


ただこのまま円高を放置しておくことはないと思いますので、今後は「日銀の介入水準を探る」展開になりそうですが、個人的には77-78円台の水準ではないかと予想しています。


昨日の海外市場では5月5日に記録した79円57銭を含め「79円台半ば」が意識され、いったんは80円近くまで戻されていますが、一方で90円台に乗せるかどうかも意識されています。


80円台乗せに失敗するようだと、再び79円台半ばに向かう動きになりそうですが、個人投資家とすればここは、大きな買いポジションを保有するのではなく、「まだ下がる可能性もある」といった意識を持ち、軽めのポジションを取ることをお勧めします。


大きな買いポジションを取るのは、ドルが本格的な反転を見せてからでも遅くはありません。
チャートを見る限り、そのタイミングはまだ先のようです。


昨日は豪ドル円が急落し、海外市場では一時84円43銭あたりまで売られました。
これは5月6日以来の円高水準ですが、この時は84円30銭程度まで売られその後に大きく反発しています。


今回の下落は、商品市況の頭打ち感と、RBAが政策金利を据え置き、さらに今後の追加利上げに対して慎重な見方を示したことが主因だと思われます。


これまでの85-88円のレンジが下抜けしたのか同課の判断はまだできませんが、下値のメドが上記84円30銭と、昨日の安値の84円45ー55銭あたりかと思います。


84円55銭には「8時間足」の120日移動平均線があり、昨日はその水準を下回る場面もありましたが、明確には抜けきっておらず一旦サポートされた格好になっています。(
今回はプロと呼ばれる人々は、実際にどこのFX口座を使用しているのかについて調べてみたいと思います。
ここで使用するのが「SIG」というFXトレードポータルサイトです。


このサイトは、有料でプロ達の売買シグナルを配信しています。
有料とは、月31.500円もします。


このサイトで有料で売買シグナルを配信しているプロの数は03/08 現在27人になります。
このプロたちは、実際にどのFX口座を開いているか書いてあります。


この情報を集めると


1位、外為オンライン 6人が使用しています。

1位、FXブロードネット 6人が使用しています。

3位、クリック証券 4人が使用しています。


上の三つのFX会社がシグナルプロ達に人気があるらしいですね。
という事で三つの会社の基本的な情報を集めてみたいと思います。



外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込


口座開設数は 185,669口座 で日本のFX会社では第2位の口座開設数です。


手数料   無料
スプレッド   1
初回入金  5,000円~
レバレッジ  最大200倍
通貨ペア  24ペア
信託保全  導入済み

私は、この口座を開設していますが、確実に口座を開くべきFX会社の一つだと思います。

FXブロードネット


外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ



口座開設数は、67,612口座 で日本のFX会社では第10位の口座開設数です。


手数料   無料
スプレッド   0.5
初回入金  3万円~
レバレッジ  最大400倍
通貨ペア  24ペア
信託保全  導入済み

私はこのFX会社の口座を開設していて、特に1.000通貨での取引を多用しています。
1.000通貨での取引ならFXブロードネットがお勧めです。

クリック証券


FXするならクリック証券


口座開設数は 94,146口座 で日本のFX会社では第7位の口座開設数です。

手数料   無料
スプレッド   0.8~
初回入金  0円~
レバレッジ  最大200倍
通貨ペア  14ペア
信託保全  導入済み


この会社の口座も開設済みですが、なかなか使えると思います。
特にチャート機能などが優れていると思います。

という感じでこの三つのFX会社が本当の意味で使えるFX会社だと思います。
プロは、常に有利な感謝を選びます。その意味でこの三社は選ばれたのだと思います。


FX会社選びも勝利への重要な要素です。
他のFX会社を使っているのなら、一度時間をかけて考えてみる事をお勧め
します。
その結果、より勝利へと近づく事でしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fx88895.blog12.fc2.com/tb.php/1582-2c172d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FX
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。