FC2ブログ
FX初心者の為のブログです。毎日使える実践的な情報を記事にしています。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

* 新着ニュース *


■新着ニュース
 ・07-07  ※07/07(木)のドル円予想
 ・07-07  ※為替相場 本日の注目点(07/07)
 ・07-07  ※為替相場 本日のポイント(07/07)
 ・07-07  ※テクニカル 5日平均との乖離率が高い順ランキング(07/07)
 ・07-07  ※ドル円予想レンジ=80.70円~81.50円(07/07)
 ・07-07  ※ドル円 本日の見通し(07/07)
 ・07-07  ※今日の経済指標 (07/07)
 ・06-30  ※為替相場 本日の注目点(06/30)
 ・06-30  ※6/30(木)のドル円予想
 ・06-30  ※ドル円予想レンジ=80.40円~81.20円
 ・06-30  ※為替相場 本日のポイント(06/30)
 ・06-30  ※テクニカル 5日平均との乖離率が高い順ランキング(06/30)
 ・06-30  ※ドル円 本日の見通し(06/30)
 ・06-30  ※今日の経済指標 (06/30)
 ・06-28  ※ドル円 81.20円ラ インを攻略することが出来るかどうかが目先のポイント!
 ・06-28  ※本日のドル円 予想(06/28)

 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日一回の応援、宜しくお願いしま~~~す。本当にありがとうございます。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ





今回は私が毎日熟読している無料メルマガから有益な情報をお届けします。
それは【外為オンライン】今日のアナリストレポートです。


デイトレも外為オンラインで


外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込


内容といい、情報量といい、素晴らしい無料メルマガですね。
早速、【外為オンライン】今日のアナリストレポートより重要と思われる部分を抜粋させていただきます。



本日の注目イベント


豪   6月豪雇用統計
日   マネタリーベース
欧   ECB理事会
欧   トリシェ・ECB総裁記者会見
英   BOE政策金利発表
米   週間失業保険申請件数
米   6月ADP雇用者数
米   ホーニング・カンザスシティー連銀総裁講演


ユーロドルが大幅に値を崩しています。
本日開催のECB理事会での利上げ観測を背景に堅調に推移してきましたが、ギリシャに続きポルトガルの大幅格下げ、
さらにはアイルランドもその対象に含まれるとの報道もあり、ユーロ圏ソブリンリスクが一段と高まりユーロの大幅下落に
繋がった格好となりました。


ポルトガルの10年債利回りは昨日、過去最高の12.55%に上昇し、アイルランド、イタリア、スペイン、ギリシャの
国債利回りも軒並み上昇しています。


市場ではさらなる格下げがあるとの観測が上記各国の国債の売りを誘っており、安全とされるドイツ国債との利回りスプレッドは拡大しています。


特にアイルランドは昨年9月以来、市場で資金調達ができない状態だけに、格付け会社がジャンク債(投機的格付け)に
格下げするとの観測が根強くあるようです。


ユーロドルは1.43台半ばにあったサポートを次々に抜け1.42台後半まで売られ、1週間前の水準に戻っています。
本日のECB理事会では追加利上げの可能性が依然として高いものの、理事会後の記者会見でトリシェ総裁がどのような発言をするのかによってユーロはさらに上下する可能性があります。


利上げ打ち止め感を出すのか、あるいは年内の追加利上げの可能性を残すのか、ギリシャやポルトガルの財政問題も含めてその発言が注目されます。


同総裁の記者会見は日本時間21時30分から予定されています。
本日はECBの理事会以外にも重要なイベントが多く、各々その内容によっては為替に大きな影響を与えるものと思われます。


まずは朝方10時半のオーストラリアの6月の雇用統計です。
昨日の中国の追加利上げでは事前に予想されていたこともあり、豪ドルへの影響は限定的でした。


事前の予想では失業率は横ばいの4.9%、雇用者数は前月から大幅に増加し1万5千人のプラスを見込んでいます。
利上げ観測が後退した割には堅調に推移している豪ドルですが、対ドルで1.07台の半ばを超えられるかどうかが
ポイントになりそうです。


20時にはイングランド銀行の政策金利発表が控えていますが、こちらは据え置きでほぼ間違いないと思われます。
そして21時15分にはADP雇用者数が発表されます。


先月の発表では事前予想を大きく下回り発表直後からドルが売られました。
今回6月の予想は7万人の増加と見られています。


また15分後には週間失業保険申請件数の発表もあり、次々に発表があるため最初の発表内容にとらわれていると、
次の発表内容で相場のセンチメントが大きく変わる可能性があるため注意が必要です。


ドル円は2日前の81円台での滞空時間の長さからややドル高の可能性を指摘しましたが、結局81円30銭近辺を試すこともなく80円台後半まで下落しました。


しかし、サポートと見られている80円台半ばを割り込んでいないことや、まだ81円に手の届く位置にいることなど
上昇の可能性は残しています。


ただ、その場合には明確なドル買い材料が不可欠です。明日の雇用統計がそのきっかけにでもなればいいと思いますが、
上にも下にも行かないことから、最も的確な予想は「動かない」ということかもしれません。(
今回はプロと呼ばれる人々は、実際にどこのFX口座を使用しているのかについて調べてみたいと思います。
ここで使用するのが「SIG」というFXトレードポータルサイトです。


このサイトは、有料でプロ達の売買シグナルを配信しています。
有料とは、月31.500円もします。


このサイトで有料で売買シグナルを配信しているプロの数は03/08 現在27人になります。
このプロたちは、実際にどのFX口座を開いているか書いてあります。


この情報を集めると


1位、外為オンライン 6人が使用しています。

1位、FXブロードネット 6人が使用しています。

3位、クリック証券 4人が使用しています。


上の三つのFX会社がシグナルプロ達に人気があるらしいですね。
という事で三つの会社の基本的な情報を集めてみたいと思います。



外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込


口座開設数は 185,669口座 で日本のFX会社では第2位の口座開設数です。


手数料   無料
スプレッド   1
初回入金  5,000円~
レバレッジ  最大200倍
通貨ペア  24ペア
信託保全  導入済み

私は、この口座を開設していますが、確実に口座を開くべきFX会社の一つだと思います。

FXブロードネット


外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ



口座開設数は、67,612口座 で日本のFX会社では第10位の口座開設数です。


手数料   無料
スプレッド   0.5
初回入金  3万円~
レバレッジ  最大400倍
通貨ペア  24ペア
信託保全  導入済み

私はこのFX会社の口座を開設していて、特に1.000通貨での取引を多用しています。
1.000通貨での取引ならFXブロードネットがお勧めです。

クリック証券


FXするならクリック証券


口座開設数は 94,146口座 で日本のFX会社では第7位の口座開設数です。

手数料   無料
スプレッド   0.8~
初回入金  0円~
レバレッジ  最大200倍
通貨ペア  14ペア
信託保全  導入済み


この会社の口座も開設済みですが、なかなか使えると思います。
特にチャート機能などが優れていると思います。

という感じでこの三つのFX会社が本当の意味で使えるFX会社だと思います。
プロは、常に有利な感謝を選びます。その意味でこの三社は選ばれたのだと思います。


FX会社選びも勝利への重要な要素です。
他のFX会社を使っているのなら、一度時間をかけて考えてみる事をお勧め
します。
その結果、より勝利へと近づく事でしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fx88895.blog12.fc2.com/tb.php/1643-a50bea18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FX
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。